レカム株式会社(RECOMM CO.,LTD.)

IR情報IR情報

会社概略

  • 1994年9月通信機器・OA機器の販売・保守を目的として東京都港区西麻布に株式会社レカムジャパンを設立
    NTT製通信機器の販売を開始
  • 1995年5月FC加盟店募集開始
  • 1997年10月出資3社を吸収合併
  • 2000年4月デジタル複合機(MFP)定額保守 『RET’S COPY』サービス開始
  • 2001年8月京セラミタジャパン株式会社との取引契約締結
  • 2002年1月商号を『レカム 株式会社』へ変更
  • 2003年10月中国・遼寧省大連市に子会社大連レカム通信信息服務有限公司を設立し、コールセンター事業を開始
  • 2004年5月大阪証券取引所 ニッポン・ニュー・マーケット-『ヘラクレス』に株式を上場
  • 2005年3月中国・遼寧省大連市に子会社大連レカム通信設備有限公司を新設し、
    DMC(ドキュメント・マネジメント・センター)及びOA機器販売事業を開始
    9月中国遼寧省大連市の子会社2社を大連レカム通信設備有限公司を存続会社として合併
    (資本金750千米ドル・コールセンター事業、DMC・OA機器販売事業)
  • 2006年2月大連レカム通信設備有限公司を増資(資本金870千米ドル) 3月株式会社ケーイーエスの株式を100%取得し、子会社化(情報通信機器製造及び販売) 10月株式会社アレックシステムサービスの株式を62.4%取得し、子会社化
  • 2008年10月会社分割により純粋持株会社へ移行し、商号を『レカムホールディングス』へ変更
    事業会社『レカム株式会社』設立
    株式会社ケーイーエスの商号を『株式会社アスモ』へ変更
  • 2009年9月株式会社アスモのモバイル事業を株式会社ネットインデックスに譲渡
    レカム株式会社が株式会社アレックシステムサービスを吸収合併
  • 2010年9月WizBiz株式会社を設立、事業開始
  • 2011年4月株式会社光通信との資本および業務提携 7月株式会社アイ・イーグループとの業務提携 12月WizBiz株式会社をMBO(マネジメント・バイ・アウト)の方式により譲渡
  • 2012年1月中国吉林省長春市に長春レカムBPOサービス有限公司を新設 7月当社子会社の大連レカムと京セラドキュメントソリューションズジャパン株式会社との業務委託契約締結
  • 2013年6月持株会社『レカムホールディングス』の商号を『レカム』へ変更し事業会社『レカム株式会社』を合併 7月東京証券取引所と大阪証券取引所の現物市場の統合に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に株式を上場 9月株式会社アスモの情報通信機器製造事業を株式会社三洋化成製作所に事業譲渡
  • 2014年4月株式会社ニューウェイブビジネスソリューションの発行済株式を100%取得し、子会社化 9月HJオフショアサービス株式会社の発行済株式を100%取得し、子会社化 12月ミャンマー連邦共和国にミャンマーレカム株式会社設立
  • 2015年3月『株式会社ニューウェイブビジネスソリューション』と『HJオフショアサービス株式会社』を『レカムBPOソリューションズ株式会社』に吸収合併 5月ヴィーナステックジャパン株式会社設立 7月株式会社コスモ情報機器の発行済株式を100%取得し、子会社化
  • 2016年1月邦英株式会社より、オフィス家具販売事業を承継 3月当社連結子会社の大連レカム通信設備有限公司が中華人民共和国上海市に「上海支店」を開設し、
    併せて社名をレカムビジネスソリューションズ(大連)有限公司に変更
    4月AI inside 株式会社と資本提携契約を締結
    当社連結子会社の長春レカムBPOサービス有限公司がレカムビジネスソリューションズ(長春)有限公司に社名変更
    6月株式会社光通信との合弁により、「レカムエナジーパートナー株式会社」を設立し、新電力の小売販売事業に参入 8月株式会社エフティーグループと資本業務提携契約を締結
    上海茂麓貿易(香港)有限公司と資本業務提携契約を締結
    12月当社連結子会社のレカムビジネスソリューションズ(大連)有限公司が上海誠予信息有限公司の持分100%を取得し、連結子会社化。併せて、上海誠予信息技術有限公司の社名をレカムビジネスソリューションズ(上海)有限公司に社名変更。