BLOG 社長ブログ

社長ブログe 社長ブログe

中期経営計画について②

  • 2021.11.26
新中期経営計画における成長戦略の取り組みですが、
今日は各事業セグメント別の取り組みについて説明いたします。

① 海外ソリューション事業

前期までは大半の国で新型コロナパンデミックの影響で営業活動に多大な影響を受けました。
特に、商談訪問が制約されたことにより、現地調査→ソリューション提案が必要なLEDやエアコンの売上が大幅に減少いたしましたが、上記商品は世界的な脱炭素の取り組みに大きく貢献できる商品でもあることから、
改めて省エネ商品の販売強化に徹底的に取り組みます。
又、今期においては同事業セグメントでの売上計画は3,100百万円でありますが、IFRSベースでの前期売上実績
プラス今期より子会社化したマレーシアLED販売会社の前期実績を合計すると2,958百万円となることから、今期計画の達成は充分可能であると見込んでおります。

② 国内ソリューション事業

国内ソリューション事業においては、現在導入準備中の新SFAシステムの活用により、営業社員の生産性向上に
取り組みます。商品戦略としては、海外同様省エネ商品の販売強化による脱炭素推進支援、ヴィーナステックの
インターネットセキュリテイ商品(UTM)の新商品投入による販売拡大、そして前期商品別売上ではグループNO2
商品に成長した「ReSPR」においても新商品投入による販売拡大に取り組みます。
合わせて、保守サービスやサブスクサービスの開発により、事業セグメント全体での収益率向上を目指します。

③ BPR事業

BPR事業においては、顧客企業のDX推進に寄与するコンサルテーション営業を強化することにより、
新規顧客の開拓と既存顧客からの受託業務拡大に取り組みます。
又、現在営業体制の準備中であります、中国市場への本格進出を実現することにより、
巨大市場である中国での売上拡大を目指します。

この記事をシェアする

アーカイヴ

プロフィール

プロフィール

伊藤 秀博Hidehiro Ito

生年月日:1962年11月12日
性別:男性
血液型:B型
お住まい:日本、マレーシア