BLOG 社長ブログ

社長ブログe 社長ブログe

第二四半期決算発表!

  • 2021.05.14
今日、第28期第二四半期決算を発表しました。

連結売上高は、対前年比87.3%の4,061百万円と減収となりました。

減収の主な要因は海外法人事業が、中国以外の各国で新型コロナ感染拡大による営業活動への制約が影響し、
大幅な減収となったことによるものです。

一方で国内を中心に、ウイルス除菌装置「ReSPR」の販売が拡大したことにより収益率が改善したことから、売上総利益は対前年比103.2%と増益に回復をいたしました。
又、グループ全体で徹底した経費削減に取り組んだことにより、販売管理費は対前年比90.5%と一定額の削減をすることができました。

これらの結果、営業利益は―11百万円となり、営業赤字とはなりましたが、対前年比では192百万円改善をいたしました。そして、経常利益は9百万円となり、2期ぶりに黒字転換をいたしました。
当期純利益においては、法人税等が105百万円計上されたことにより、-100百万円の最終赤字となりました。

第一四半期決算発表について記載した当ブログの中で、通期計画達成のためにはまず、第二四半期累計で黒字転換を達成することと記載しましたが、結果は営業利益は11百万円黒字まで届きませんでしたが、経常利益は黒字転換となり、1勝1敗で終わりました。

通期計画達成の最大のポイントは、海外法人事業の回復です。
しかし、新型コロナ感染拡大による各国の規制の中で、今日時点でもいくつかの国では営業活動に制約を受けていて、フル活動ができている状況ではありません。
このような海外事業における外部環境が今後改善しないことにより、仮に売上が下振れした場合でも利益計画は達成できるよう、下半期においても「ReSPR]を最重要戦略商品として全販売チャネルでの販売強化に取り組みます。
又、安定した利益が見込めるストック型事業であるBPR事業においては、今期も堅調に推移しているため、
同事業の拡大にもより一層注力をしていくことにより、海外法人事業の穴埋めをしていきます。

株主の皆様におかれましては、今後ともご支援のほど、よろしくお願い申し上げます。
 

この記事をシェアする

アーカイヴ

プロフィール

プロフィール

伊藤 秀博Hidehiro Ito

生年月日:1962年11月12日
性別:男性
血液型:B型
お住まい:日本、マレーシア