BLOG 社長ブログ

社長ブログe 社長ブログe

第二四半期決算説明会を開催しました!

  • 2019.05.20
アナリスト&機関投資家向けに第26期第二四半期決算説明会を開催しました。
第二四半期の実績及び第26期の通期業績見通しについては5月13日に発表した決算短信のとおりですが、
今日の説明会では今後の当社グループの新たな成長戦略を発表しました。
これからの当社グループの中長期目標は、
「IT&エネルギーソリューションに特化したグローバル専門商社として圧倒的なNO1企業グループになる!」
そのための1stStepとして、2020年までに世界10ケ国に進出することを目標に拠点開設を推進してきました。
この2020年までというのは大きな意味があります。日本及び日系製造業が多数進出している大半の国は水俣条約を締結しています。
この水俣条約の締結により、2021年以降は水銀添加製品の製造や輸出入ができません。よって、工場などで使われている高圧水銀ランプを LEDランプへ交換する動きが2021年以降はより一層加速化することが想定されます。
従って2020年までに進出を完了することが進出国でのシェア獲得には大変重要であるということであります。
それが今回のFTグループASEAN3社のM&Aによって、1年前倒しで実現することができました。
合わせて、同3社が今までに獲得した1千社以上の日系企業顧客と、海外法人営業を長年経験した約20名のベテラン営業マンの営業ノウハウ。
つまり、今回のM&Aは、当社グループの中長期的な成長のためには、千載一遇のチャンスであり、必要不可欠であったということであります。 そして、このM&Aの実行のためには、借入金による資金調達ではなく、エクイティファイナンスによる資金調達も同様に必要不可欠でありました。
今後は、成長戦略のNextStepとして、「各国の事業会社が4つのステージを推進し、独自成長を追求する」段階に移ります。
国内情報通信事業で長年培ってきた「ダイレクトマーケティング力」、世界10ケ国に販売拠点と営業社員を持つ「拠点ネットワーク」、 中堅メーカーに匹敵する販売量をOEM生産で調達することによる「商品コスト競争力」、この3つ全てを兼ね備えているのは業界の中で 当社グループしかありません!
この競争優位性を生かし、「グローバル専門商社として圧倒的なNO1企業グループ」の地位を確立することが、
お客様、進出国経済の発展に貢献することとなり、当社グループの企業価値向上にも寄与することとなります。
本日の発表の詳細につきましては、決算説明資料を当社Webサイトにアップいたしました。
動画につきましても明日中にはアップされる予定ですのでぜひ合わせてご覧いただければと思います。
大変残念なことながら、13日のM&A及びエクイティファイナンス実行の決議以来、株価は下落を続けており、 株主の皆様にご心配をおかけする状況となっていることについて、社長として大変心苦しく思っております。
しかしながら、今回の決定は、当社グループの更なる成長のためには最善の決定をしたと、取締役会一同確信をしております。
従いまして、中長期的には、今回の決定が株主利益の向上につながることになることも、確信しております。
何卒、ご理解のうえ、今後ともより一層のご支援をよろしくお願い申し上げます。

この記事をシェアする

アーカイヴ

プロフィール

プロフィール

伊藤 秀博Hidehiro Ito

生年月日:1962年11月12日
性別:男性
血液型:B型
お住まい:日本、マレーシア