BLOG 社長ブログ

社長ブログe 社長ブログe

本日のリリースについて

  • 2016.02.05
本日、2件のリリースをしました。

①第23期第一四半期決算発表!

第一四半期の連結売上高は対前期比131.7%の1,005百万円となりました。
主力の情報通信事業、BPO事業ともに大幅な増収となった結果、第一四半期としては8期ぶりの2ケタ増収となりました。

次に収益面においてですが、情報通信事業において売上総利益率が前期比3.3ポイント向上した一方で販売管理費率が3.0ポイント低下したことにより同事業の四半期営業赤字を大幅に改善することができました。

この結果、利益面においては、営業利益-32百万円、経常利益-32百万円、当期純利益-17百万円となり、黒字スタートとはなっていないものの前年比では大幅な改善となりました。特に当期純利益においては前年比で赤字幅が61百万円の改善となり、今期の年間計画の利益改善見込み額190百万円に対して32%の進捗率となりました。


②AIinside社との業務提携について

この度当社グループは、人工知能を活用したOCRクラウドサービス事業を展開しているAIinside社と業務提携契約を締結し、同社とのアライアンスを推進いたします。

AI社は人工知能搭載OCR(活字の文書画像をコンピュータで編集できる形式に変換できるソフトウエア)を開発したSPACEBOY社のグループ会社であり、同事業を推進する事業会社であります。同社との業務提携により当社グループは下記3点のシナジー効果を見込んでおります。

(1)BPO事業の売上拡大及び収益性向上
当社グループが同OCRクラウドサービスを顧客に提供することにより、今までコスト面で受託できなかった案件の獲得が可能になります。又、同サービスの手書き文字認識率は99.8%という業界トップレベルの認識率を実現しており、同サービスの活用により当社グループのBPOセンターの生産性の抜本的改善を図り、BPO事業全体の収益性向上を実現します。

(2)情報通信事業におけるMFP販売台数拡大
情報通信事業における主力商品の一つであるMFP(デジタル複合機)はスキャナー機能を内蔵しておりますが、同サービスをバンドルしたセット販売プランを構築することによりMFPの販売台数の拡大を目指します。

(3)中国での事業展開
将来的には中国での事業展開や製品開発等を両社で検討してまいります。

今回のAI社との業務提携効果を最大化することにより、今期の年間目標である過去最高益の更新を必ずや達成したいと思います。今後の当社グループの飛躍にご期待ください!






この記事をシェアする

アーカイヴ

プロフィール

プロフィール

伊藤 秀博Hidehiro Ito

生年月日:1962年11月12日
性別:男性
血液型:B型
お住まい:日本、マレーシア