MAGAZINE りあこみゅ

りあこみゅ りあこみゅ

17卒:新入社員のリアル教えます⑯

  • 社員紹介
  • 2017.10.12

上海支店で営業活動をしている張です。

私は日本で就職活動をして、友達も多くいたので

上海配属と言われた時は少し驚き不安と期待を半々抱えて上海に行きました。

半年間上海にいて、自分の想像と比べてギャップを感じたところがいくつかありますので、

皆様にお伝え致します。

①実際の職場環境

上海支店は上海長寧区の遠東国際ビルにあります。

日本料理屋やコンビニが数多くあり、まるで日本にいるような所です。

毎日このおしゃれな建物の中で仕事をすると思いましたが

上海のお客様は工業系や工場のお客様が多く

工業団地を回っている事が多いです!笑

②仕事の内容

最初は事務的な仕事をやらせられて、そのあと上司や先輩の同行等、

しっかり営業活動を出来るのはだいぶ先だと思っていましたが、

実際は、上司や先輩が一つ一つ丁寧に教えてくれ、もちろん上司の同行付きですが、

1か月目からお客様先へ出向き、少しずつ現場で覚えていく事が出来ました!

上海は面白くてプレッシャーがないと言うと嘘になりますが、

会社や上司からの期待が大きくてどこの視点よりも早く成長出来る所で

プレッシャーがあるからこそ、早く一人前になりたい気持ちが強まるところです。

また、仕事のスキルだけではなく人間性成長にも役立ち

みんな同じ目標【レカムNo.1支店】に向かって、団結して頑張れるところです。

会社や周りの人々に恵まれて、気分良く営業活動が出来る所です。

ですので、海外に興味を持ち、30代か40代になってからではなく、

すぐに海外駐在を通して成長したい方々は、ぜひレカム!ぜひ上海支店!

最後ですが、国内の満員電車通勤光景は、

皆様がきっと想像つくと思います。

上海支店の営業マンは全員会社に近い所に住んでいて、共有自転車を利用して

10分程度で会社に到着します。

共有自転車は上海の特有の文化です。

ほぼ、無料で自転車を利用できる仕組みです。

それでは、皆様最後の学生時代半年間を楽しみながら、

自分のやりたいことを考えてみて下さい。

この記事をシェアする

合わせて読みたい