レカム株式会社(RECOMM CO.,LTD.)

ディスクロージャーポリシーディスクロージャーポリシー

ディスクロージャー

1. 基本姿勢

当社は、透明性の高い経営を目指し、積極的に情報開示を行うことを基本方針としています。金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則に準拠した情報の開示に努めるほか、当社の判断により当社を理解していただくために有効と思われる情報につきましても、タイムリーかつ積極的な情報開示に努めます。株主、投資家をはじめとするステークホルダーの皆さまとの建設的な対話を通じ、中長期的な企業価値向上をめざしてまいります。

2. 情報開示の基準

株主をはじめとするステークホルダーの皆さまからの高い情報開示のニーズに応えるため、金融商品取引法および東京証券取引所の定める適時開示規則に準拠した情報の開示に努めるほか、当社の判断により当社を理解していただくために有効と思われる情報につきましても、タイムリーかつ積極的な情報開示に努めます。

3. 情報開示の手段

法令により開示が必要とされる情報について当該法令に従った手段により開示を行うほか、適時開示規則に該当する情報の開示は、TDnet(東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システム)にて公開しています。公開した情報は、原則として当社IRサイト上に速やかに掲載することとしています。また、適時開示規則に該当しない情報についても、適時開示の趣旨を踏まえ、当社IRサイトに公開するなど、正確かつ公平に当該情報が投資家の皆様に伝達されるよう努めます。

4. 情報開示の体制

情報開示の担当部署は経営企画部、財務経理部としております。当社および当社グループ各社の内部情報については取締役会において報告され、共有化がはかられております。特に、適時開示規則に基づいて開示が必要になると思われる情報については、関係部署と情報開示担当部署が連携し、情報の把握を行っております。取締役会での決定事項のうち、適時開示が必要な事項については、取締役会において開示する内容・日時・方法などを決定し、情報開示担当部署による手続きを通じて、すみやかに情報開示を行っております。

5. 将来の見通しについて

当社が開示する情報のうち、業績予想やその他の計画、見通し、戦略に関する情報等が含まれる場合があります。それらの情報は、作成時点で入手可能な情報に基づき当社の経営者が合理的と判断したもので、リスクや不確実性を含んでいます。実際の業績は様々な要素により、これら見通しとは大きく異なる結果になりうることをご承知おきください。

6. 沈黙期間

当社は、重要な会社情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、決算期末日の翌日から決算発表日までを沈黙期間としています。この期間は、決算・業績見通しに関する質問への回答やコメントを差し控えることとしております。ただし、この沈黙期間中に業績予想を大きく外れる見込みが出てきた場合には、開示規則と独自の情報開示基準に従い適宜公表することとしております。