レカム株式会社(RECOMM CO.,LTD.)

社長ブログ事業概要(グループ紹介)
HOME > 社長ブログ

決算説明会

18日にアナリスト&機関投資家向けの決算説明会を開催しました。

決算説明会の開催に合わせて決算説明資料を当社Webサイトにアップいたしました。

動画についても2~3日中にはアップされる予定ですので興味のある方はぜひご覧ください。

又、当社グループでは定期的に、社員とご家族向けに社内報を発行していますが、

今月末発刊予定の社内報で、当社の状況と今後の成長戦略をわかりやすく社長メッセージとして掲載しました。

「当社グループは現在、2019年度を最終年度とする中期経営計画の目標である連結売上高100億円、営業利益10億円の達成に取り組んでいます。
この上期は、社員の皆さんの努力により、連結売上高は3期連続増収の29億8千万円、営業利益は2億1千万円、当期純利益は1億円と、
いずれも上期としては設立以来の最高益を達成することができ、中計経営計画は順調に進捗しています。
しかし、中期経営計画のゴールは3年間で営業利益を約8倍に成長させるという大変高い目標であり、
これを既存部門の内部成長だけで達成するのは現実的ではありません。
そこで、今期より既存部門の成長戦略の実行と同時並行で、M&Aの強化によるグループ会社の拡大に取り組んだ結果、
2月にはレカムIEパートナー株式会社、4月には株式会社R・Sが新たにレカムグループ入りすることとなりました。
IE社は、LED照明を中心とした環境関連商品の卸事業を展開しており、同社を連結子会社化することで、当社グループの法人向けLED販売量は
国内第5位レベルの規模となり、2月より環境関連事業本部として第四の事業の柱とすることができました。
R・S社は大阪を拠点として情報機器販売を展開しており、同社を連結子会社化することで、
東日本地域が中心だった情報通信事業の直販チャネルの西日本地域を補完することとなり同事業の全国展開をバランスよく拡大することが可能となりました。
又、今回のR・S社のM&Aに合わせて、総額約31億円のエクイティファイナンスによる資金調達を行うことも決定しました。
これにより、今後も継続してM&Aを実行し、既存部門の内部成長と合わせて、当社グループは2019年度の中期経営計画の完全達成、
そして2020年以降は売上1000億企業グループへの成長を目指していきます。
そのためには、異なる歴史、異なる企業風土を持つ企業が当社グループに参画して、お互いにお互いの良いところを吸収することのできる、
多様性を尊重する企業風土の構築が不可欠です。
今期のグループスローガンは、ChangeForEvolution、(進化のための変化)です。
社員の皆さん全員が自分自身を変革し、新しいレカムグループを作っていきましょう!」