レカム株式会社(RECOMM CO.,LTD.)

社長ブログ事業概要(グループ紹介)
HOME > 社長ブログ

今日のリリースについて

① 本日開催の取締役会において、光通信社との資本業務提携及び同社子会社の株式取得に関する基本合意契約を締結することを決議いたしました。

今回の基本合意に基づき、同社の子会社であるアイ・イーグループ・エコ社の株式51%を取得し、当社の連結子会社とすることにより、

LED販売を中心とした環境関連事業を当社グループの主要事業として確立を図ります。

当社グループでは一昨年10月より海外法人事業として中国及びベトナムで現地日系企業を中心に環境関連商品の販売を拡大してきました。

海外での同事業は順調に拡大をしてきましたが、国内における同事業はここ数年伸び悩んでいた状況を今回のM&Aによって一気に打破し、

環境関連事業を今後のグループの中核事業の一つに育てていきたいと考えております。

又、IEエコ社の販売代理店網を取り込むことにより、情報通信事業におけるFC加盟店、VTJ社のUTM販売代理店と合わせて、

当社グループは3つの異なる販売パートナナーチャネルを保有することになり、営業支援システムや受発注システムの共有化を図ることにより

シナジー効果による売上の増加や間接コストの削減に大きく寄与することも期待できます。

今回のM&Aにより、中期経営計画のゴールである、2019年の売上100億円、営業利益10億円の達成可能性が飛躍的に高まることになります。

② 第三者割当による新株式及び新株予約権の発行を決議しました。

上記の資本業務提携契約締結に関連して、光通信社に300万株の新株予約権を割り当てることとなりました。

今後の国内における環境関連事業は当社と光通信社との共同事業となります。

当社のFC事業により培った営業支援ノウハウと光通信社の販売ノウハウを融合させることにより、

同事業を将来国内における大手販売事業者の一角を占める規模にまで引き上げたいと考えております。

そのためにも光通信社に当社の大株主となってもらい(新株予約権が全株行使されると当社第二位株主に)、

当社の企業価値向上による利害を共有してもらうことが、同事業の成長には大変重要であります。

又、私が100万株、木下常務執行役員が10万株の増資を引き受けさせていただくことも決議いたしました。

両名合わせて約124百万円の出資となります。

増資の目的は、当然今回の株式取得のための資金調達の一部に充当するものですが、

我々自身がリスクを取ることにより、今回のM&Aは必ずや成功させるという覚悟の表れでもあります。

株主の皆様方におかれましては、何卒、今回の決定事項につきましてご理解をいただくとともに、

今後もより一層のご支援、ご協力のほど、よろしくお願い申し上げます。